私の投資方針

結論を先に言いますと、塩漬け戦略です。

原則損切りせずに、含み損株は年間配当金以上のプラスに転換した時点で売却します。

相場は生き物ですから、思い通りにならないのは百も承知です。

その反面、個人には決算期はありませんので、売り焦る必要も有りません。

この方針を前提に、保有株の整理を始めており、その売却代金で他の長期保有目的株を購入しています。

その長期保有目的株の選別基準としては、配当金、株主優待、貸株金利、成長性等としています。

現時点で含み損株であっても、これらの基準に合致していれば、ナンピンしていきます。

ただ、最近は特にM&A等により強制的に召し上がられるパターンも複数回経験しており、悩ましいところでもあります。

この方針を維持していくためには、現金創出能力を高めなければなりませんが、断捨離を進めてヤフオク等でお譲りして捻出しています。

昨年はインカムゲインキャピタルゲインの合計で家計を賄える程にはなりましたが、最低限の生活費をインカムゲインで捻出し、娯楽費等の基本外生活費はキャピタルゲインで賄うことを目標としています。

私の長期保有目的株の選別方法は、ヤフーファイナンスの年初来安値をチェックし、先述した基準を当てはめ、利回りで5%以上になる株価になったら、購入しています。

株の本やネット記事を拝見しますと、損切りが大切と記載されていますが、私は特にそれにはこだわりません。

例えば、復配と経営陣交代が発表されまして、週明けに値上がりを期待しています「5010日本精蠟」があります。

こちらは一昨年まで10円の安定配当でしたが、昨年は無配に転落し、株価が200円台から100円台に下落しました。

ただ、株主構成などを考えて、ずっと無配が続くことはないと考え、ナンピンを少しずつ重ねてきて、簿価を下げ続けてきました。

その復配も完全復活ではありませんが、いずれ復活すると考えています。

 

婚活独身の障害がパワハラ恐怖症!?③

②からつづく

「確かにそうですね。会員ランクごとに料金が違っています」

「性格や価値観が合えば何て言ってるけど、結局は自分よりスペックの高い異性や好みの異性を求める人が多いからだよね。さっき話した水平方向でしか基本的に出会いが無い訳だから、垂直方向に登録された、自分よりスペックの高い異性を求めるのは別に自然な流れじゃないかな。昔なら、この人にはこの子が合うというお見合い相手を紹介するお節介おばさんがフィルターだったのが、今風になっただけで、基本的な発想は変わっていない」

「そうですよね。私も希望の異性について登録したのは、身長や学歴、年齢、性格、趣味などまるでオプションですね。笑」

「それが悪いとは思わないけど、そのオプションに捕らわれてしまったがために、その彼女も同じ眼で見ていた可能性は無い?」

「そう言われると、無意識にそう見ていたのかもしれません。」

「そう感じていたよ。これまでなら、飲み会や合コン等で相性や性格などを直接感じ取って、付き合っていきながら色々なことをお互いが理解しあえるかどうかを確認していく過程があった。婚活サイトでは最初から自己申告のスペック情報を確認したうえで、相対することから、これまでとは過程が異なっている。」

「何となく利害関係者として、登録している女性を見ているような気がしてきました」

「そこまでとは言わないけど、スペックだけで異性を見てしまうと、肝心な相性や価値観の違いなどを認識するセンサーが鈍ってしまう可能性も有るかもしれないね。」

「正直、焦っていたのが表に滲み出ていたのかも知れません。もっと自然体で学生時代のようなスカッとした印象でアピールしてみます。」

「どんな表現がいいのか私にはアドバイスは出来ないけど、何事もチャレンジしなければ何も変わらないからね。ただ、1つだけアドバイス出来るとしたら、改めて彼女にアプローチするのであれば、同じ社内の子にアプローチしたことによる影響の影響まで想像しておく必要があると思うよ。」

「はい、そこは何となく理解できます。結果はどうであれ、微妙な空気になるのは問題ですからね」

「相談相手にならずに申し訳なかったね。」

「いつものように、冷静に分析して貰えることを期待してご相談させて頂いたので、自分なりに整理できたことは大きな収穫でした。ありがとうございました。」

「例題として適当では無いと思うが、動物の世界ではオスがメスに対して、アピールして、メスは優秀な遺伝子を遺すようオスを選別している。例えば、オスは子育てがしっかりできるよう安全で快適な巣作りをしていたり、体格が立派であったり、鳴き声が優れていたりとアピールするよね。人間も相手にスペックを求めることは同じことじゃないかな。」

「それは人となり、だけではなく、収入や資産もそれに値しますね。将来のお嫁さんが誰かは分かりませんが、これまで独身貴族を謳歌していた自分を変えていきます」

「そうだね、家庭を持つと、自分だけの人生では無くなるからね。人生設計は重要だよ」

「はい」

 

 

婚活独身の障害がパワハラ恐怖症!?②

①からつづく

「彼女には彼氏はいないの?」

「既婚では無いことだけ分かっていますが、それ以上の情報は実は良く知りません」

「話を聞いているとどうしても彼女じゃなければ絶対ダメと!ということが伝わってこないな。」

「本音を言うと実はそうなんです。彼女は可愛いいのに、芯がしっかりしているというかサバサバしているところに魅力を感じているのですが、それ以上でもないのです。」

「悪いけど、その程度のことで相談に来たわけじゃないよね。」

「はい、ひとり親の母が高齢で孫の顔を見たがっているということを親戚の人から聞いたことがきっかけです。」

「やっぱりそうか。恋愛相談というより人生相談だね~。笑」

「これまでどちらかというと仕事一筋的な働き方をしてきたので、気が付いたらこんな歳になっていたというのが実感です。婚活会社に登録して何度か食事や散策に出かけたのですが、結果的に上手くいきませんでした。」

「どうして上手く行かなかったのか、自分なりに分析してみた?」

「はい、率直に言って、偶然だとは思いますが、婚活のプロのような女性がいつもマッチングされてくるような、もやもや感が拭えなかったからだと思います。」

「何となく分かるような気がする。だから、身近なその子にアプローチしたかったというのであれば、失礼な気がするな。」

「はい、その気持ちもあったので、同僚にはとても相談が出来なかったのです」

「それなら、いっそのこと、同僚に彼女募集中だということをオープンにアピールしてみたらどうかな。年齢的なことは周囲が分かっているから、それなりに理解してくれるような気がするけど。」

「何となく恥ずかしいけど、動かないと何も変わりませんよね。」

「そうだね。それをきっかけに興味を持つ子がいれば、慌てず自然体で臨めばいいんじゃない」

「はい、コーヒータイムなどを使って、動いてみます。その一方、今でも婚活会社には登録したままですので、時々、連絡が入ります。こちらは退会した方がいいのでしょうか?」

「何とも言えないけど、以前私の知人から面白い話を聞いたことがある。」

「どんな話ですか!」

「異性の出会いは基本的に水平方向で、垂直方向には行かない。つまり、自分の所属している属性と同水準の異性とマッチングする確率が高い。だから、友人や知人、同僚など、自分の属性に近い人と付き合ったり、結婚しているだろ」

「確かにその通りですね~」

「ところが、婚活会社や婚活サイトに登録する人の動機は何かな?」

「私の場合、出会いが無いことから、範囲を広げるということですね。」

「では、登録する時に相手に求める希望条件を登録するよね。それは何故?」

「趣味や年齢、学歴、性格など事前に分かっていた方がいいからだと思います」

「いわゆるスペックだよね。もうここで分かったでしょ」

「あっ!そうか!まるで販売カタログのようですね。条件だけに捕らわれていたのかもしれません。」

「そう、それに加えて、婚活サイトに登録する動機は、今の水平方向から上に向かう垂直方向の人との出会いを希望しているからだよね」

 

 

 

昭和61年製10円玉が3万円!

「初詣でのお賽銭は50円以上で」という趣旨のニュースを見まして、そういえば、ゆうちょ銀行への硬貨預入は有料化になることを思い出しました。

例年、1年間貯めていた小銭貯金箱を年始に開封し、ゆうちょ銀行へ預け入れていました。

これまでなら、特に何も考えずにそのまま預け入れていましたが、タイトルにあります通り、昭和61年製の10円玉が非常に高価であると偶然知りました。

正確には昭和61年製自体にも価値はあるようですが、同年の前期と後期製造分があるそうで、その後期分はかなりレアだそうです。

f:id:lonewolf50s:20220105111712j:plain

ヤフオクの落札履歴を確認しましたところ、状態によるようですが、3~12万円程の値が付いていました。

早速、私もその貯金箱の中から10円玉を取り出して、確認してみましたところ、2枚出てきました。

ところが、手持ちの虫メガネでは前期か後期か、うまく判別ができなかったため、とりあえず、手元に残しておくこととしました。

この10円玉だけではなく、それ以外の硬貨にも特定年度の物が額面以上の評価が付いている物もありますので、興味のある方はググってみて下さい。

f:id:lonewolf50s:20220105111930j:plain


もしかしたら、硬貨のトレジャーハンターが副業になるかもと思ったのは私だけでしょうか!?

 

1/4 獲得分

 無し

 

15日間の長期休暇も残り2日!

12/22~1/5までの15日間お休みを取っています。

それも本日を含め、あと残り2日。

結構早かったな~という感じです。

この長期休暇は早期退職後のシミレーションを兼ねていますので、基本的にその前提で毎日を過ごすこととしています。

まず取り組んだのが、日々のルーティンとして何をやって、何をしないのかを決めることでした。

以前の記事でも触れましたが、20代の頃に一時期、FIRE的な生活をしていました。

その際に貯蓄が減少していく恐怖感を味わいました。

そのため、早期退職後は基本的に貯蓄は崩さずに、日々の生活費は資産運用を中心に収入源を確保し、生活のダウンスリム化を図り、ポイ活やコジ活等で生活費を補っていく計画としています。

先月はその集計をしてみましたところ、何とか行けそうな感触を持ちました。

特に意外だったのが、歩数アプリの「トリマ」でした。

10月から始めて、12月末で691,305マイル(タンク7個購入後)まで貯まりました。

そのマイルのうち、20万マイルは抽選で当選したものです。

つまり、10万マイルが12月に2回当たりました。

広告を見たり、3時間ごとの広告視聴が手間ですが、それは何かしながらなので、特に苦にはなっていません。

 

1/3 獲得分

セブンイレブンネットコンビニ 3000円以上注文で現金1000円キャッシュバック

②同上 初回注文で40%分のnanacoポイントプレゼント 800ポイント(上限)

③同上 牛乳応援 8本注文 @20ポイントバック 160ポイント

 

偶然、上記キャッシュバックキャンペーンを見つけましたので、配送料別で3600円分程、初めて注文しました。

合計で1960円相当のお得をゲットできました。

 

 

 

昨日の福袋や百貨店の様子について

昨日、事前予約せずに紳士用の福袋を買いに百貨店に行ってきました。

食品福袋は例年、それほど売れ行きが芳しくないのですが、今年は商品構成が良かったのか、かなりの行列になっていました。(私は諦めましたが)

その一方、紳士服売り場での福袋は散発的に店頭で販売されているだけで、特に混み合うことは無く、スムーズに購入することができました。

開封しましたら、ここ数年で最も内容が良く、全て春物で構成されていました。

 

その後、別の百貨店のデパ地下に行きましたら、松阪牛1~2㎏のセットが販売されていたものの、全て事前予約済みの商品とのことでしたが、幾つかは残ることを見込んでいるそうです。

事前予約しても来ない人がやっぱりいるんですね~

 

今年は退職を予定しており、様々な細かい収入源の確保について、様々な媒体や友人・知人などから情報を積極的に取り込むことに日々、取り組んでおります。

例えば年始は、携帯各社がセールや新入学、新年度に向けた様々なイベントが実施されていますので、私は積極的にそのイベントに乗っかっています。

もちろん、殆どは簡単な街頭アンケートレベルですので、頂いても生活雑貨がほとんどですが、生活必需品でもあるため、それを購入したとして、その分を貯金箱に投入しています。

それが昨年1年間で約12万円分程になりました。

主な内容はコンビニの開店・改装セール時の景品が多くを占めています。

各コンビニの開店情報は、各社のHPに新店情報として掲載されていますので、下記をご参照ください。

店舗検索|セブン‐イレブン~近くて便利~ (sej.co.jp)

新店舗リスト|店舗検索|ファミリーマート (chizumaru.com)

新店情報|ローソン (lawson.co.jp)

 

1/2 獲得分

京王百貨店 新春大抽選会当選 500円お買物券

ヘパリーゼ購入レシート抽選 ヘパリーゼ10本当選(後日郵送)

f:id:lonewolf50s:20220103133614p:plain




2022年 最初に獲得した1000円相当の商品・サービスについて

新年あけましておめでとうございます

昨日の元旦は特に平日と変わらない日常でした。

いつもと少し違うのは、年賀状が届く位です。

その年賀状も10年以上前から虚礼廃止の流れで、当時の30分の1にまで減少しています。

その代わり、親しい方々からはLINEメッセージに切り替わっています。

それでも届く年賀状の多くは、宿泊した旅館やビジネス的に取引のある会社が占めています。

年賀状が少なくなったということは、お年玉抽選に当選することも減ってくることになりますから、その点はちょっと残念です。

 

本日は、毎年恒例の百貨店の福袋を購入してきます。

こちらも以前でしたら、早朝5時から店頭に並んでいましたが、今では、事前予約が多くを占めるようになり、早朝からの行列はかなり減りました。

私は事前予約はしないようにしています。それは、「福袋用」の商品構成が多くなってきたからです。

以前のような本当のお買い得品が激減しています。

それでも当日販売分はありますので、ゆっくり選んできたいと思います。

 

さて、昨年「毎日1000円相当を獲得するよう努めている」という記事をアップしましたが、今年はどのようなものを獲得したのか備忘録替わりにご紹介致します。

 

1/1 獲得分

プレモル 350ml ⇒ NEWDAYSアプリ当選クーポン

プレモル香るエール 350ml ⇒ auスマートパス当選クーポン

③ファミマ 冷やして食べるバームクーヘン 2個 ⇒ ファミペイチャージ特典

小田急LINE食品クーポン 200円×2 ⇒ LINEでのお年玉抽選

定価ベースで約1200円分と言ったところでしょうか。

 

庶民感覚では所得の伸び率よりもインフレ率が上回っており、今年は更に生活防衛色が強くなって行くと考えています。

その点は小売店やメーカーサイドも同様ですから、これまで以上に様々な販促キャンペーンが繰り広げられると思います。

せっかくですから、その流れに「賢く」乗ってみてもいいのではないでしょうか。

 

最近少し変化を感じるようになった点があります。

例えば、具体的な商品名は出しませんが、大手のヨーグルトがこれまでは特売でも128円(税別)が主流でしたが、最近ゲリラ的ではありますが、98円(税別)での販売を散見するようになりました。(牛乳の余剰が報道される前からです)

絶対的な必需品以外は選択から外され始めてきたのかとちょっと気になっています。

また、スーパーで陳列棚に空きスペースが増えたり、山積み感が減ってきたように感じます。

その中でも生鮮食品については、空きスペースに調味料が置かれていたり、改装と称して売り場自体が狭くなっています。

こちらも売れ残りによる廃棄ロスの削減を目的にしているのではと感じています。

このような流れはいずれかの段階で堰を切ったように一気に値段が上がってくるのではないかと予想しています。

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ