【退職後の家計】キャッシュフローの確保

退職後に備えて、様々なシミレーションを行っています。

これまでに何度か記事にしたのが、これです。

 

①収入≧支出

②前月の収入の範囲内で翌月の支出が決まる

 

実際に12月の収入の範囲内で1月の支出を賄ってみるリハーサルを行いました。

結論を先に述べますと、約12%超過してしまいました。

主因は年始の食品福袋やふるさと納税でした。

ただ、そのいずれも浪費ではないと考えていますので、この分を除くとほぼ目標を達成することが出来ました。

食費は「良質なものを安価に」とかなり意識しており、百貨店の閉店間際の見切り品を中心に購入してきました。

特に野菜や鮮魚は最後は袋詰めでまとめ売りすることが良くありましたので、バラエティーに富んだメニューとなり、楽しみの一つとなっています。

 

最近開拓した食材は「パン」です。

偶然、即売所が併設されているパン工場を発見し、開店時間の少し前に並んで初めて店内に入ったところ、大きな袋に数種類のパンがまとめて入って、何と150円!でした。

食パンも3斤300円で、これは喫茶店などの業務用とのことでした。

一度で食べきれない分は冷凍保存で大丈夫とのことでしたので、月に2回程来店すれば一か月分を十分賄えることが分かりました。

この即売所は、いわゆる訳あり商品を販売するお店ですが、普段使いするには全く支障の無い商品で、むしろ、何が問題なのか分からない程でした。

 

さて、肝心の収入についてですが、約9割は株での売却益となりました。

生活費程度ですから、もちろん多額ではありませんが、コツコツ続けており、デイトレスイングトレード(別名・塩漬け分の解消)で稼げました。

残りの1割は、ポイ活やコジ活などのオマケ収入となりました。

12月は中間決算の配当入金が多くなりますが、それには手を付けず、他の株の購入に回すこととしています。

 

ポイ活は以前に比べて大盤振る舞いではなく、実施回数が増えている体感です。

ひとつひとつのイベントは小粒ですが、回数をこなすことによって、意外にゲットできるような気がします。

お勧めは、スーパーや百貨店などの小売店のLINEお友達登録です。

チラシや店頭に出てこないお得情報が意外に配信されますので、登録しても損はしないかと思います。

 

今頃でしたら、コンビニの季節商品の入れ換え時期になっていますので、見切り商品が目に付きます。

 

 

 

 

 

【300万円株チャレンジ】これまでの成績

以前、300万円で3万円台までの株を100銘柄購入して、25%程プラスになったら利確するというチャレンジ記事をアップしました。

本日はその後の経過報告です。

条件としては次の通りです。

①売買手数料無料の範囲内

②原則3万円台とする

③原則配当有り

④できれば株主優待有り

株主優待取得に例えば500株以上であれば、それはOK

⑥25%プラスで売却

⑦25%マイナスでナンピン

⑧年初来安値銘柄から原則購入

 

ざっと、こんなところです。

まず、昨日までに85銘柄を購入しました。

売却済みの銘柄は17銘柄、プラス37%の利確

保有継続中の銘柄で含み損銘柄が26銘柄

それ以外は、プラスですが25%以上の含み益になっていません。

トータルでは、プラスとなっています。

この手法を行って感じたことは、年初来安値を何日繰り返しても、どこかのタイミングでほとんど、リバウンドしているということです。

また、そのリバウンドが一度きりなのか、断続的に右肩上がりなのかはそれぞれですが、大きな収益を狙わないのであれば、意外に行けるのかなというのが実感です。

それから何といっても、個人ですから特に決算期を気にすることはないので、何年でも持ち続けることが可能です。

なお、300万円のうち、2割程を待機資金としています。

購入銘柄の中には100円台や200円台の銘柄も有りますが、その場合は複数単位で時間差を設けて購入しています。

私的には、「果物狩り投資法」なんて勝手に銘打っていますが、いわゆるスイングトレードのことです。

 

本当はもっと投資資金を増やそうかと考えていたのですが、事実上、管理できなくなりそうだと思い、300万円としました。

 

具体的な銘柄をご紹介しますと、昨日は7462のCAPITAを売却しました。

この銘柄はあまり出来高の無い株なのですが、昨日は朝からストップ高の気配がありましたので、ストップ高指値しておいたところ、それで売却ができました。

昨年7/22に309円で購入し、2/2に468円で売却しましたので、リターンは半年ほどで約52%となりました。

ただ、最低の100株単位でしか購入していないので、金額的には15900円のプラスでした。

 

この施策の最終形は、元本の300万円をポイ活やコジ活などのお得活動で回収することです。

何年かかるのかは分かりませんが、ポイ活などで得たおまけが毎年配当を生む金のニワトリになってくれることを期待しています。

 

 

 

【1月のポイ活】振り返って見えた反省点

主なポイントの獲得履歴は次のとおりでした。

 

楽天ポイント楽天投資分含む)

 +10373ポイント

 これは、使用分を差し引いた純増分ですが、プラスで着地できました。

 主な獲得理由はSPUが基本6倍で楽天トラベルやブックスを毎月利用していますので、実質7.5倍になっており、そのポイントアップ分が大きく寄与しています。

 

②dポイント(dポイント投資分含む)

 +5324ポイント

 これも使用分を差し引いた純増分ですが、プラス着地できました。

 こちらは獲得ポイントの大きな案件は有りませんでしたが、お試し引換券の利用が今回少なかったことが理由と考えられます。

 

③ポンタポイント(ポンタ定期含む)

 +21ポイント

 こちらは獲得分と利用分がほぼ拮抗したために、微増となりました。

 ポンタ定期が1月から始まり、多少ですが利息が付きますので、4月まで毎月参加します。

 

④LINEポイント

 +123ポイント

 こちらはいわゆるポチポチ系なので、気が向いたときに参加する程度ですが、ペイペイへのチャージができるので、もっと積極的に参加すべきかな~

 

⑤Tポイント

 +21ポイント

 こちらもポチポチ系でヤフオクくじやウエルシアアプリくじで貯まった分です。

 ウエル活に参戦する計画ですので、もっと積極性が必要ですね

 

⑥アメックスポイント

 +81971ポイント

 このうち、80000ポイントはキャンペーン分ですので、来月からが本番ですね

 

これ以外にダイナーズやJCB、nanacoなど複数のポイントも集計していますが、これらを合わせますと1月は合計で10万ポイントを超える獲得数になりました。

ただ、このほとんどがアメックスポイントなので、平常月では2~3万ポイントになるのでしょうか。

これに加えて、各種キャンペーンが随時開催されるでしょうから、家族分合計で年間生活費相当額の獲得を目標としていますが、昨年は、図らずもそれを達成しましたので、今年は生活費だけではなくレジャー費相当を加えた額を目標としています。

キャンペーンが下火になってくるかと思いましたが、物価高騰による小売店の苦境はかなり深刻に感じられますので、こまかな情報やお得を丁寧に拾っていきたいと考えています。

 

【ポイ活で株を買ってます】原価ゼロ株

皆様はポイ活で獲得したポイントはどの様にお使いでしょうか?

多くの皆様が現金同様にお使いになり、家計の一助にされているかと思います。

もちろん、私もそのような利用を基本としていますが、それに加えて実質的に浮いたお金で現物株を購入しています。

例えばポイントで500円使った場合、500円を別途取り分けます。

実際に現金で取り分けて、貯金箱に入れますので、ビジュアル的にも実感が有ります。

概ね、3万円台の株を購入していますが、選択の基準は、配当有り、株主優待制度有り、年初来安値付近の3つです。

 

当初は純粋にポイントを支払いで消化しており、確かにその分お得になったことは間違いないのですが、何となくスッキリしなかったのです。

 

そのスッキリしない感が何なのかが、ある日突然気が付いたのです。

それが、

リアル感が無かったからだ!

と判明しました。

 

これは、ただの値引きとの実感の差から来るものと気が付きまして、どうしたらいいのかと思案しましたところ、お得感を更に昇華させるために、将来の値上がりや配当、株主優待を得ることによって、ポイ活にも更に「活!」が入るかと思ったのです。

 

これに気が付いて以降は、ポイ活にも更にやる気が増してきて、今では、

「その株を買うために〇〇ポイントをいつまでに貯める」

と、貯める目的がより明確化してきました。

 

 

 

 

【ANAラウンジ羽田&宮崎】さて、今後どうしよう~

しばらく出張でブログの更新をお休みしていました。

 

移動にはANA、そして各空港でANAラウンジを利用させて頂きました。

 

羽田のラウンジは広いこともあって、空席はそれなりにありましたが、窓側やゆったりした椅子はほぼ埋まっており、私は対面型で仕切りの付いた席に着きました。

 

内部の様子は他のブログやYouTubeで多数アップされていますので、ここではアップしませんが、カード会社ラウンジよりは落ち着いた雰囲気で、子どもたちが声を出して駆け回っていることもありませんでした。

ただ、携帯電話で大声で話しているルールをわきまえない、ビジネスマンも複数いて、ラウンジの人に電話室へ誘導されていました。

 

お酒のラインナップは、ビールやウイスキーなどがありましたが、それほど充実している感はありませんでした。

 

ただ、時間帯によってはゆっくりすごせる場所という意味では、価値が高いと思います。

 

その一方、宮崎のANAラウンジはJALと共用となっており、名称も「ラウンジ大淀」となっていました。

こちらは、JAL側にありましたが、スペースがそれほど広くなく、8割方埋まっているような感じで、むしろ混雑しているといった方が正確かもしれません。

お酒のラインナップは、こんな感じでした。

画像には載せていませんが、一番搾りのビールサーバーがありました。

ここは搭乗口にかなり近いところにありますので、出発ギリギリまで過ごしている方が目に付きました。

 

さて、今回の利用はANAアメックスプレミアムの特典で各ラウンジを利用させて頂きましたが、いずれも混雑具合やお酒のラインナップ等を考えますとラウンジを利用できることが出来るクレカとしては無理をしなくてもいいのかなというのが率直な感想でした。

 

また、往復ともほぼ満席状態で、利用客が戻ってきていることを実感しました。

もちろん、ANA側のデータに基づく運用の成果も大きいとは思いますが。

 

プレミアムシートは往復いずれも満席で座ることが出来ませんでした。

 

このような感じでしたので、先日記事にしましたANAダイヤモンド修行は、やはり一時延期にしようかと思います。

 

私の希望ですが、ANAアメックスプレミアムのサービスとして、国内線に重きを置いたカードと海外線に重きを置いたカードを分けるか、選べるようにしてもらいたいと思います。

いわゆる「ドメ専」の私としては、利用価値が年会費とバランスが取れず、継続していく動機が弱くなっているからです。

 

 

【節約というイベント】もはや専守防衛ではない

毎日、毎日、うんざりするほど物価高騰のニュースばかり。

既に値上げのニュースは、季節行事になった感すら有ります。

マスコミやネットでも節約術に関するテーマが多数アップされていますが、どれも似たようなものばかりで、目新しいものは余り目にしません。

既に庶民の家庭では、できることは一通りやって、自分に出来そうな節約を収取選択したモードに切り替わっていることでしょう。

 

こうなってくると、もう節約自体を楽しもうという雰囲気も強く感じるようになりました。

特に買い物は、ミステリーツアーのように、お得な商品がないか探し回るトレジャーハンター化しているのではと思う程です。

 

私もご多聞に漏れず、様々な小売店に先入観なく、足を運ぶようになりました。

これまでなら、このようなお店には特売品は無いかな~ と思っていたようなお店でも目立たないように、ひっそりと特売コーナーが出来ていたりします。

やはり、商売の基本の一つは資金繰りですから、特に現金が重要度を増しています。

 

失われた30年と話題になることがありますが、そうではなく、これが平常化した世界なのです。

 

年寄りによる、年寄りのための、年寄りの経済

 

まるで、人口を意図的に減らして、わざと国力を削いでいる感すらあります。

しかも、明日より今日の生活感が前面に出ているため、長期的に俯瞰した設備や研究投資が出来ていないことは、そう遠くないうちに、更に実感することになるのではないかと危惧しています。

 

さて、難しい話はさておき、消費者側は「買わない」という選択肢がありますが、小売り側は「売らない」という選択肢が無いために、事実上、力関係がより鮮明となっています。

これまでの消費者の家計は専守防衛だったのが、あまりにも値上がりが急すぎて、守ってばかりではジリ貧になることを実感し、攻撃を辞さない防衛に切り替わりました。

それが、節約というイベントです。

私が以前から記事にしています、生活費の投資化節約というレジャーのことです。

 

我が家の2022年の生活費は、2021年より増加したと思っていましたが、何と、減少していました。

家内の報告によると、家族単位でのポイ活やコジ活による現金支出の減少が一番効果的だったそうです。

節約自体を楽しめるような買い物となるよう、意を新たにしました。

 

 

 

 

 

 

 

【全室温泉給湯、ですが】ちょっと・・・

今年最初の温泉旅館に行ってきました。

毎回、露天風呂付のお部屋では大変なので、全室温泉給湯されている旅館で検索しましたら、意外にヒットしましたので、ものは試しと、今回足を運んでみました。

事前にネットで確認しましたところ、老舗旅館で対応も食事も好評価でしたし、謳い文句にも全室温泉供給と明記されていました。

 

結論を先に言いますと、次は無いかな~ という感じでした。

敢えて、旅館名は出しませんが、確かに応対はとても良く、食事も大変美味しく、十分合格点でした。

 

ところが、肝心の温泉が個人的には「う~ん」と感じました。

 

これまで、結構な温泉旅館を廻ってきましたが、温泉らしさを今回感じられなかったのです。

恐らく、「加水・加温」の温泉だったのではないかと考えています。

旅館の方に質問すればいいのですが、どこの旅館に行っても、敢えてその質問はしていません。

自分の感覚で経験値を上げたいからです。

 

そう感じたのは、

肌がすべすべしない

カルキ臭がそれなり

湯冷まりが早い

点にありました。

 

近隣の別の温泉旅館に泊まった際にはそのようなことが無かったので、その旅館特有の現象だったと思います。

 

それでは、お値段はと言いますと、露天風呂付き旅館と比べて約15,000円の差でした。

 

今後の試金石とすることが目的でしたので、十分目的達成しました。

近隣の温泉旅館には既に複数回お伺いしており、ちょっと浮気心で、今回別の旅館にしてみましたが、それと比較できたことに大きな意義がありました。

 

まだ、同様の他の地域の旅館には伺っていませんが、ここ1~2年で定宿を決めたいと考えていますので、あちこち伺ってみる予定です。

今年は、年間15件以上の温泉旅館巡りを目標にしていますが、いずれ私流にまとめた記事にしてみたいなと企画しています。

 

もちろん、自治体キャンペーンとの併用でルートを決めています。

丁度、相模原市で30%バックのキャンペーンが始まりましたので、早速、それに乗っかってきました。

コンビニでも使えるというのはとても助かり、プライチキャンペーンを中心に参加してきました。

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ