【暴落の予兆 靴磨きの少年】チキンレースか

最近の日経平均の続伸ぶりは、間違いなく新NISAの影響が顕著です。

報道によりますと、新NISAの積み立て投資にはS&P500やオルカンなどに相当額が流入しているとのことです。

株ですから、上がるときもあれば下がるときもあるので、本当の意味での長期投資であれば、下落時は多く購入できるという意味でメリットがあります。

 

ところが、新NISAの影響で「国民総投資家」を煽る風潮があり、タイトルの環境に類似してきたのではないかとの懸念も個人的には持っています。

【危険な兆候】靴磨きの少年が株に興味を持ったら大暴落の前触れ|FX初心者講座 (fx-megabank.com)

 

それを確かめるために、会社の複数の人にそれとなく聞いてみましたら、

・興味はあるけど、投資に回す余裕はない

・新NISAを始めても、必要時に取り崩してしまうから、不安定

・そんな長期間、手を付けないで積み立て続けられる訳がない

こんな感じで、予想通りでした。

なぜ、予想通りだったのかと言いますと、まさに、10%の補助が付くインセンティブが有ってさえも、持ち株会がこんな感じだったからです。

 

つまり、物価高や教育費の高騰などによりただでさえ、窮屈な生活をしているのに、投資に回すお金など存在しないという感じでした。

その状況の中で新NISAに投資しても、直ぐに取り崩してしまうのは明らかで、暴落時には狼狽売りラッシュになるのではないかと想像しています。

 

あくまで個人的には、毎月積み立て投資分は、ドルコスト平均法ではなく、市場が下がった時にのみ参加、成長投資枠は、個別株を購入するというスタンスです。

 

以前記事にしましたが、それらの投資資金は給料から出すのではなく、キャピタルゲインで確保することにしています。

デイトレやスイトレで新NISA資金を捻出するということです。

短期間での売買になりますから、その都度税金がかかってきますが、あくまで資金捻出を目的としていますので、そこはあまり気にしないようにしています。

年末の税金対策での売買処理でもいいと思っているくらいです。

 

 

 

 

 

 

【退職後の生活】後悔前の断捨離

退職が近くなり、家内は室内の断捨離を毎日のように行っています。

「使えるはずだから」の物が意外に多く、結局10年単位で肥やしになっていました。

それらの物は「お金」で買った物ですから、何とも勿体ない話です。

 

若い頃はそれなりに物欲は有りましたが、どちらかというと所有欲というよりは利用価値で買っていましたので、高額品はそれほど有りません。

結婚指輪でさえ、いざという時に換金性の高いシンプルなプラチナ製にした位です。

 

それなりに退職に向けて準備を進めていく中で、年齢的にもいつお迎えが来るか分かりませんので、元気なうちの断捨離は必要だと思います。

特に、趣味のコレクションなどは価値が分からない人にとって見ればただのゴミとなりかねませんので、出来るだけ早めに処分するのがいいでしょう。

私も昭和世代ですから、一時期切手やコインに熱を上げた時もありましたが、切手は見るも無残な状況で、その反面コインは恐ろしい程の上昇になっています。

例えば、コインそのものの価値というより、銀自体の価値が上がっています。

 

生活がシンプルになれば、心のゆとりも変わってきますし、必要な物だけに囲まれた生活はゆとりもあります。

ただひとつ、余計に保管しているものが有ります。

それは「食品」です。

あの、東日本大震災時には店頭から食料品が無くなるスピードが速く、困窮したわけでは有りませんでしたが、価格の高騰と品不足からスーパーに朝から並んだ経験から、お米やレトルト食品にペットボトル飲料は相当程度備蓄しています。

 

最近は家内も本格的にポイ活やコジ活に協力してくれるようになり、主婦の目線で気が付くキャンペーンなどにも積極的に参加してくれるようになりました。

 

何度も記事にしていますが、小売り側もかなりの販売促進策を実施しており、大規模なものは元より、地域限定型や期間超限定型など「ゲリラ的」なキャンペーンも有りますので、これまでより「観察眼」を磨き上げることでお得感がアップするのではと、注視するようになりました。

 

 

【無責任?な同僚】若手に出世するメリットを説く

先日、同僚から相談があるとして飲みに行くことになりました。

そこで出た話が、「若手社員に出世の魅力を説明したところ、出世を望まないという意見が多くびっくりした」ということでした。

よく話を聞いてみますと、その同僚は自分軸で話をしており、端的に言えば、滅私奉公的に会社や上司に尽くせば、出世は間違い無いという内容で話をしたようです。

 

これでは、今風の社員が魅力的に感じることは無いでしょう。

若手社員は昨年、組織変更という名のリストラを敢行したことにより、事実上、30代から「役職名は上がって、責任は増えて、権限は取り上げられた」

という歪な変更を見てきただけに、出世に魅力を感じていないのです。

仮に出世しても、いつ寝首をかかれるか分からない組織に魅力はないですからね。

 

私からは「昭和的な価値観は今時馴染まないし、我武者羅に働く姿勢はかっこ悪いとさえ思っている世代だよ。今を我慢すれば未来があるという人参作戦は通用しないよ。発破をかける意味合いだろうけど、その発破を掛けざるを得ない現況を精神論で乗り切ろうとしているという風にしか捉えられていないんじゃない。」

と話したところ、同僚は黙り込んでしまいました。

恐らく自分の中でも分かっていたことをストレートに言われたからだと思いますが、私的にはまだこのような出世という空手形を乱発するような発想自体に驚きました。

人件費が上昇し、転職した方が年収が上がるという環境に変わってきていますから、大手企業は慌てて賃上げや初任給アップなどと騒ぎ出しており、それは今の若手も分かっているため、出世という将来の話をされても響かないのだと思います。

 

時給が高いバイトがいいですか、時給が上がるバイトがいいですか

 

こんなキャッチフレーズでバイトを募集しているお店が有りました。

これを発案した方もやはり出世という空手形が前提になっていますから、裏を返せば使えなければ時給が低いうちに首にするという意味合いも入っています。

もちろん、長く続けてもらいたいというインセンティブも含まれてはいるでしょうけど。

また、時給が上がる根拠や基準も明確では無いですから、働く側からすると仕事は大変だけどそれに見合った以上の時給の方、つまり時給が高いバイトの方に魅力を感じると思います。

 

少し話が逸れましたが、私はその同僚の部署が常に人員不足で在籍社員への負荷がどんどん高まっていながら、人員補充が出来ないどころか、人件費抑制のため既存社員で乗り切るよう会社から指示されていることも知っています。

また、評価を上げて給料を上げる実質的な権限もないことから、発破をかけることしか手段がないという可哀そうな状況も知っています。

 

まあ、避けては通れない道なので、これ以上の話は出ずにお開きとなりました。

 

【ポイ活はどこまで】目的か手段か

ポイ活は参加しやすい反面、投下時間に比例しないという宿命があります。

あくまで趣味やレジャー感覚で参加するもので、予算や目標を立てて参加すると本末転倒になりかねません。

そういう私の一時は獲得ポイントの「予算」を立てた時期が有りました。

ところが、ポイントを提供する側からは必ずと言っていいほど、改悪になっていきますので、そもそも安定性を見込んだ予算立ては無意味になります。

 

結局のところ、ポイントを提供する側のスタンスで獲得ポイントが変わってくるわけですから、サラリーマン的な予算建ては馴染まないというしかありません。

ある程度、予定調和的に予算を立てることが多いとは思いますが、ポイントを提供する側はただのコストですから、コスパを考えてるのは当然です。

 

ここからは個人的な見解ですが、獲得ポイントを予算化するのであれば、前例にとらわれない、絶対数でのポイントゲットを目標にしては如何でしょうか。

例えば、各種キャンペーンが目白押しですがそれへ参加が最も効率的だと感じています。

クレカ新規契約でのキャンペーンポイント等をゲットしたら、躊躇せず解約することなどです。

 

いずれにせよ、新規契約者の獲得が主目的ですから、気軽に参加しても問題は無いと思います。

 

最後に注意点としては、キャンペーンクレカ開設、キャンペーンポイントゲット後は、速やかに解約するかどうかを検討する必要があります。

いつのまにか、ズルズル年開始だけ支払うことになるリスクがありますからね。

 

 

【ローソンプライチに異変?】タリーズが見当たらない

毎週のように各コンビニで実施されています「プライチ」。

私の今週の注目はローソンの「ホットタリーズ285ml缶」です。

それに来週「キリマンジャロブラック」が付いてきます。

飲料1本もらえるキャンペーン|ローソン公式サイト (lawson.co.jp)

 

現在ローソンではアプリくじも開催されており、個人的には併用キャンパーンになります。

『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』キャンペーン|ローソン研究所 (lawson.co.jp)

 

ところが、私の自宅や勤務先近くのローソンを廻ってみても、ホットタリーズ285ml缶がのきなみ売り切れになっています。

 

このプライチは1/15(月)までなので、追っかけてみますが、意外に売れていることに少し驚いています。

 

やはり、二重のキャンペーンが理由なのでしょうか。

コーヒー好きの方がいらっしゃれば、これは外せないのではないでしょうか。

 

さて、話は変わりますがコンビニを皮切りに「実質値下げ」競争が始まったのではないかと感じています。

そのきっかけは、現在開催中のファミマのプライチです。

メーカー品が対象ではなく、「PB商品」なのです。

コンビニは時代の先を行っているところがありますので、かなり気になっています。

 

同じく、株価の急上昇ぶりにはあのバブル時代を思い起こしてしまうことが有ります。

株価の上昇と実質値下げと相反する状況ですので、慎重にかつ丁寧に市場環境を見定める必要がありそうです。

 

 

 

【百貨店の生鮮売り場】野菜と果物が超お得

昨晩、仕事帰りに、某百貨店の生鮮売り場に閉店間際に足を運びました。

何か目的の品を求めているのではなく、その日の見切り商品を探索に行くためです。

まず、野菜売り場に行きましたら、1パック780円のミニトマトが段階を踏んで、298円となり、それでもそれなりに残っていましたので、3パックを2パックにして298円で販売していました。

もちろん、周りの人は飛びつきまして、私も4パックゲットしました。

 

他に残り物をテープで巻いて販売していた野菜が有り、国産ブロッコリー2個108円もゲットすることができました。

 

果物売り場では8粒5400円のイチゴが1680円まで値下げされていましたが、コスパに合わないと思い、見送りました。

 

この百貨店は、野菜や果物は大胆にお値引きして、売り切ろうとしますが、鮮魚売り場は元値が高く、半額になってもまだ私には手を出せないお値段なので、ちょっと残念です。

 

その後、総菜売り場に足を運びまして、某デリカでは、100g当たり〇円が最後はグラム数に関係なく、3パック1188円になります。

ただ、蛍の光が流れるころには、サラダを中心とした商品のみで目ぼしいパック商品が無くなっています。

以前は3パック1080円でそれでも捌き切れない時には4パックにまで増量していたのですが、最近はお目にかかったことがありません。

 

このような感じで、どちらかというと「宝物探し」のようなお買い物になっています。

 

参考までにこの百貨店にはメンバーズサロンが有り、各店舗で少し無料で頂ける飲み物が異なります。

どのお店でも一人一個、同伴一人まで無料なのですが、例えばA店では、自販機のカップドリンク、B店ではそれに加えて、ペットボトル飲料や缶飲料も選ぶことが出来ます。

 

このメンバーズサロンは、高島屋ゴールドカードやプラチナデビットカードなどを保有した方が利用できる所ですが、そこを利用するためだけに有料会費を払うメリットは無いと思います。

 

私はプラチナデビットカードを昨年11月から保有していますが、キャンペーンが重なった(①年会費キャッシュバック、②30万円以上利用(高島屋内外)で35000ポイント)ため、入会しましたので、今年の11月までの保有予定です。

その間に何回行けるのでしょうか。(笑)

 

【イベントへの参加について】リタイア後、時間は有る

1月のお正月に始まり、12月の年の瀬で一年が終わります。

その間に、年越しそばや七草、バレンタインやホワイトデー、ひなまつりにこどもの日、敬老の日等々、数え上げればきりが有りませんが、民間イベントを含めると相当な数になりますから、イベント疲れに加えて、可処分所得の減少もこれまでと異なった雰囲気になっているのではないでしょうか。

 

さて、リタイア後は逆にこれらのイベントに積極的に参加してみようかと画策しています。

ただ、やみくもに参加するのではなく、「お得に」参加するということです。

結論から申し上げますとイベント最終日の夜の見切り商品購入です。

私は基本的に普段から百貨店で主に見切り販売の食材を購入しています。

それは、イベント時にも言える事ですが、例えば青果の見切りはA百貨店、鮮魚はB百貨店、総菜はC百貨店などと使い分けています。

最近の具体的な事例を2点ご紹介します。

 

①年越しそばの「海老天」

 大みそかに某百貨店揚げ物専門店で3本1888円で販売されていましたが、閉店のアナウンスが流れる中、そのお店の前を通りましたら、

「4本600円で如何ですか?」と小さな声でお誘いがありました。

ガラス内をみましたら、まだ100本以上は残っているであろう量で、閉店のアナウンスも流れており、一本釣りを狙ったものでした。

 もちろん、すぐに私は応じて、それを5セット購入しました。

 このお店のてんぷらはとても美味しいので、年越しそばに乗せるだけではなく、普通にてんぷらとして頂きました。

 

②七草セット

 こちらは例年残っている百貨店が多かったので、少し甘く見ていたところ、私が行った時には既に店頭に並んでおらず、探し回ることとなりましたが、別の百貨店で丁度見切り販売している七草セットが山積みになっていました。

当初すぐにそれを購入しようかと思いましたが、閉店時間と残っている量から見てまだ値下げしてくるのではないかと考え、しばらく店内を回遊していましたら、予想通り、そこから更に半額に下げてきました。

 それを3セット購入し、いつもより七草の多いおかゆとしました。

 

このように、時間がありさえすれば、お得感を感じるお買い物ができるので、リタイア後は、それを上手く使いこなしたいと考えています。

運動不足の解消になりますし、何と言っても楽天チェックで楽天ポイントもゲットできるポイ活ウォーキンにもってこいです。

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ