【リタイア後の収入】「勤労」からの解放?

当初、昨春リタイアの予定でしたがいつの間にか、会社の大きな組織変更に巻き込まれ、一年延期になりました。

ただ、予定より一年働いた分、現金が増えた事と日本株高の恩恵をかなり受けたことから、リタイア後の資金計画を再試算してみましたら、ほぼ働かなくても何とかなることが判明しました。

主な収入は、株の配当と売却益になりますが、30年近く地道に年初来安値株を拾ってきた事がこのタイミングで助けられることになろうとは思ってもいませんでした。

とりわけ、銀行株や商社株の上がり方が尋常じゃない位になっています。

 

ただ、いずれかのタイミングで株高の調整が入ると思われますので、持ち続ける株といったん売却する株の仕分けに入ることとしました。

 

以前の記事で、果物狩りのように、出来るだけ多くの銘柄を保有し、25%以上の含み益になった株を必要に応じて、売却、利確、再投資という方法を取っていますが、全体としては元本の何倍にもなったものもかなりあり、売りにくい株が増えた感が有ります。

 

それと最も大きいのは、お金に関する意識の変化です。

特に支出については、価値と価格が見合うのかを厳しく吟味するクセが付いて、買う前に自然と頭を一捻りする習慣が付きました。

 

またサラリーマンの間にクレカ案件の取り組みなどを積極的にこなしていきたいと思います。

 

労働と勤労の違いを考えたことが有りますか?

調べてみましたら、こうありました。

 

「労働」と「勤労」のニュアンスの違いは大きい。 

「労働」が働く者の主体的な意志と覚悟を感じさせるのに対して、

「勤労」は、雇用され使役される者の忠誠心をアピールしている。 

 

言葉が違えばニュアンスが違うのはよくあることですので、ストンとお腹に落ち込みました。

そういう意味では、退職後「勤労」することはないかなと試算できています。

 

まあ、サラリーマンの実感としては、各種のアンケート集計結果を見ますと、

勤労=苦役 と考える人が多いでしょうから、それからの解放は何だか嬉しく感じます。

 

起業家は「労働」、サラリーマンは「勤労」とも言えるのでしょうね。

 

 

 

【選球眼】お金を使うことに厳しくなった

昨年を振り返ってみますと、庶民の多くは物価高に伴う選球眼が厳しくなった年ではないでしょうか。

もちろん、小売りやメーカーも手をこまねいているわけではなく、試行錯誤を繰り返しながら、「値下げしない販売促進策」を繰り広げているような気がしています。

例えば、ポイントアップとか複数個購入でポイントプラスなど本体価格には影響させない施策です。

特にトイレタリー商品や洗剤などの分野が顕著で、ウエル活恰好の商品群となっています。

 

私自身も、必要な物のみ厳選して購入するようになりましたが、それでもなお、支払い方法やキャンペーンを併用できるような組み合わせを常に考える習慣が付きました。

 

衣類については、年に1回も買わなくなる程になっており、手持ちの衣類を着こなすことで過ごしています。

換言すれば、箪笥の肥やしが沢山有った事に驚いています。

因みに、体形が成長したことによって着れなくなった服も多数ありましたが、今後は、その服に合わせた体形とするよう努力します。

 

お金を使うことで気を付けなければならないのは、現金なら実感しやすいのですが、クレカやQR決済だと現金より実感しにくいため、その点にも留意するようになりました。

 

食費を少し軽減する私流の買い物を紹介します。

それは、王将の餃子のテイクアウトです。

新聞広告や王将のアプリに「餃子一つ買うと一つ貰える」というプライチが実施されています。

それを毎月開催されているauペイのたぬきの吉日(5のつく日と8日)に支払うと別途ポイントが貰える日に購入するようにしています。

経験上、4等の10ポイントが最も多いような気がしますが、1等だと3000ポイントですから、支払う楽しみが少しだけあります。

 

 

 

 

 

【ライスワークからの卒業】ライフワークへ

退職を今春に控えており、卒・仕事後のライフシミレーションを楽しみながら繰り返しています。

生きていくための仕事=ライスワークから、人生を楽しむためのライフワークへシフトチェンジする意味もあります。

これまで何度か記事にしてきましたが、現時点で給与収入が無くなっても、最低限の生活は出来るような筋肉質の家計になっています。

それは、子供が順次社会人になり、学費がほぼ無くなってきたことや生活費最適化への精進を繰り返してきたことが主な理由です。

子供も全員、奨学金を借りずに進学させたため、社会人になって、その返済はありませんから、手取り分が丸々、自分のものとなります。

その分、結婚式などのお祝い事などを含め、社会人になってからの援助はしないからねと約束しています。

いわば、学生時代の援助の先払いのような感じでしょうか。

 

ポイ活も無理のない範囲内で、日々繰り返していますが、それも今ではルーテイン的になり、自然体となっています。

 

最近特に力を入れていますのが、新規クレカの発行によるポイ活です。

現時点で参加していますのは、高島屋プラチナデビットカードとセブンカードプラスの二枚です。

高島屋プラチナデビットカードは年会費が33000円かかりますが、そのキャッシュバックキャンペーンが実施されていて、入会の翌々月までに30万円以上使えば、別途35000ポイントが貰えるという内容です。

現在は年会費キャンペーンは終了していますが、いずれかの時期に復活すると予想しています。

タカシマヤプラチナデビットカード (takashimaya.co.jp)

また、利用額に応じて高島屋以外でも2%のキャッシュバックが有りますので、意外に貯まっていく感じです。

 

セブンカードプラスは今最大13600円ポイントバックキャンペーンが開催されていまして、また、ポイントサイト経由でキャッシュバックが有ります。

私はその時モッピーで7200円分のキャッシュバック&セブン銀行ATMでの口座開設で3000円プレゼントのキャンペーンを併用しましたので、23800円分のお得となります。

セブンカード・プラス:nanacoポイントがどんどんたまるクレジットカード (7card.co.jp)

この二つのカードの共通点は、発行時期を選んだ点です。

各種キャンペーンが併用できる時期を狙うのが最もお得です。

 

 

【今回の年末年始】備忘録代わりに

毎年、年末年始は、百貨店やスーパーを巡って、お買い得商品の探索に出かけています。

ところが、今回は少し異変がありました。

少しさかのぼりまして、クリスマスケーキ半額にありつけませんでした。

例年なら、ローソンかファミマの半額ケーキをゲットしていたのですが、12/25に複数店舗を廻ったものの、定価販売のままでした。

 

同じく、12/31に半額おせちを探しに百貨店を巡りましたが、半額どころか、見事に売り切れており、買うことが出来ませんでした。

ただ、アマゾンで激安販売のおせちが出ていたのを見つけ、それを予約していたため、おせち自体は確保していました。

このおせちは、20000円の物が10000円引きクーポン+アマゾンポイント4000円分が付いてきて、実質6000円(税込)でしたので、興味半分で頼んでみました。

結果は、このとおり想像以上の商品でした。

今年の年末も実施するのでしょうか、気になるところです。

 

また、お刺身については、某百貨店に買いに行きましたら、

「本日は鮮魚の値引き販売いたしません」

との掲示があり、閉店時間を過ぎても大量に残っていたのが印象的でした。

お正月の値段になった上に、値引きしないのではとても買う気になれない金額でしたので、スルーしました。

 

年始についてですが、お目当ての福袋はゲットしたものの、「これ欲しい!」というような福袋は個人的に無かったため、例年の半分以下の購入にとどまりました。

中身が分かる福袋、特に食品については、個々の商品を積み上げ合計してみると、定価ベースでせいぜい30%程度のお得感でしたので、今回はどこもスルーしました。

 

また、各スーパーで例年初商い時に、福袋や福箱、商品券+食品などのセールもほぼ見当たりませんでした。

 

売店側もやはり体力が落ちているのでしょうか。

 

今年は退職する年になりますので、日々の節約だけではなく、消費や生活自体をお値段以上に楽しめるようにしていきたいですね。

 

 

 

 

【正月休みを終えて】サラリーマン最後の長期休暇

この年末年始は12/29~1/4までの7連休でした。

結果的には、過去に記憶が無い程、ゆっくりしたお休みでした。

 

2年前の年末年始は、退職後の「肌感覚」を確認するため、思い切って2週間休んでみましたが、「休めない自分」を発見することが出来ました。

その時は退職後をイメージして生活費を稼ぐために、デイトレやポイ活、コジ活に勤しみましたが、意外な程、満足感が高かったことを覚えています。

ところが、今回の休みは、福袋や初商いイベントが余り無かったことや近くのスーパーの初商いが軒並み1/4からが多くなり、出かける機会も少なくなったこともゆっくりできた一因でした。

 

最終出勤は今春となりますが、最後に有給休暇を纏めて取得する予定ですので、実際は6月か7月末になるのかなと想定しています。

先日記事にしましたが、現有資産を取り崩さない範囲で退職後は生活していきますので、その月の収入によって生活レベルに幅が出てきます。

最も厳しい試算と最も甘い試算とでは、5倍以上の開きがあり、それをどうやって安定化させるのかをこれまで考えてきましたが、デイトレやポイ活への参加に充実感を感じることが出来る自分も発見できましたので、3ヶ月分の生活費を現金で口座に残して、それでスタートとする計画です。

その3ヶ月分もいわゆる「前借り」になりますから、通年で返済する予定です。

このような試算を今回の正月休みで繰り返してみました。

なお、デイトレやポイ活に目標予算は振り分けずに、絶対額での予算としています。

そのシミレーションや実践を今後繰り返していくこととなりますが、どうなりますことやら。

 

 

 

【リタイア後に何をするのか】現実的になってきたので

今春に退職し、その後は自由気ままな人生を送っていくというのが今年の最大の目標です。

過去に何度か記事にしてきましたが、リタイアで大事なのは、3K だと言われています。

お金、健康、家族 の3K です。

 

そのいずれのバランスが崩れても、人生が上手く行かなくなりますから、リタイア後を見据えても重要なテーマです。

 

お金については、現有資産を取り崩さずに、運用益とポイ活などのお得活動で生活費を賄うことを最大の目標としています。

取り崩しの心理的負担は、若かりし頃に十二分に経験したので、退職後の資金計画において予想される大きな支出は月割りにして積み立てていく計画としています。

 

その資金計画を実行するには、健康が必須ですし、資金はあっても不健康でどこにも行けなくなるのでは、リタイアした意味が無くなります。

 

個人的には、3K有ってのリタイアと思っていますので、そのバランスには留意していきたく思います。

 

とはいえ、お金が有ってこその、健康や家族であることもシビアな現実ですから、やはり、リタイア後もそれなりに稼がなくてはならないだろうと考えています。

そのために、長年株式投資を行ってきた経験が活きてくると楽しみでもあります。

リタイア後の生活費をシビアに試算してみたのですが、現状と同等の収入が必要な計算となっています。

そのため、生活費のスリム化やお得活動の更なる活発化は不可避となっており、それ自体を楽しめるようなリタイアライフを目標としています。

 

以上のことから、リタイア後も稼ぐ作業は不可避ですが、自分で稼ぐこと自体が楽しみになってくるのではないかと想像しています。

 

 

【カット690円!】初めて利用してみました

お手軽でお安い髪のカットと言えば、QBハウスですよね。

私も10年以上に渡って利用してきました。

ところが10分1000円が今では1350円に値上がりしています。

人件費などの各種経費が増えていますので、値上げは致し方ないと思っています。

とはいえ、リタイアを控えたサラリーマンとしては、退職後の生活費の更なるスリム化を図るために、カットに行く回数を少なくして、年額で調整してきましたが、それにも限界があります。

 

そこで、リタイア界隈では有名な、あのお店に初めて行ってきました。

そう、このお店です!!

 

Hair Salon IWASAKI (hkbn.co.jp)

 

メニューも張り付けておきます(しわくちゃでスミマセン)

 

年末で忙しいかと思いましたが、偶然先客が帰った後に滑り込めましたので、ほぼ、待たずにカットしてもらえました。

ただ、平日ではなかったので、通常料金の980円でしたが、それでも格安です。

カットも丁寧に行ってもらえましたし、十分満足感のある出来栄えでした。

次回は、カットタイムサービスを利用したいと思います。

 

生活費のスリム化を更に推し進めていきたいと思います。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ